10年来、右下肢の痛みと右足首の痛みで苦しむ患者さん(茨城県牛久市、71歳男性)が来院されました。

全身の関節の可動域を検査してみると、右アキレス腱の機能不全がみられました。

関節ニュートラル整体は手技療法とリハビリテーションが一体となった技術です。

関節ニュートラル整体の施術を受けた後に、右ふくらはぎの筋力(かかと立ちとつま先立ち】に変化がありました。

10年ぶりの変化に患者さんが思わず「あっ」と感嘆の声をもらし喜んで帰られました。
この患者さんは、整形外科、接骨院,整体院といろいろの施術を受けました。
ところが全身の関節の可動域の検査や調整を受けたのは初めてでした。

せめて初診時は丁寧な問診と全身の可動域の検査や整形外科的テストぐらいはしていただきたいものです。
毎日するべき簡単なリハビリテーションの指導も併せて行いました。